住宅購入をお考えの方は宅地建物取引士に相談

バナー

住宅購入をお考えの方は宅地建物取引士に相談

住宅購入は高額なため絶対に失敗したくない取引ですが、関係してくる権利問題や法令上の制限等は様々です。複雑な法律知識が関係しており説明が無ければ十分理解することは難しい為、専門家に相談する事が成功の近道です。

NAVERまとめの情報はこちらのサイトです。

住宅購入の際に不動産屋へ行くとそこには必ず宅地建物取引士(通称:宅建士)と呼ばれる国家試験に合格した専門家が5人に1人は必ず事務所に設置されているので、わからないことは宅建士に相談する事が出来ます。

ビジネス視点で住宅購入の相談について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

不動産に関わる法律としては土地に関する権利があります。



抵当権が設定されているのか否か、二重譲渡等が行われていないか?登記に関する事についてはどうなっているのか?宅地なのか農地であるのか等、土地だけでも関係してくる法律的要素は非常に複雑です。

建物に関しても、一戸建てかマンションかによって法律の違いがあり、マンションの場合は区分所有法といった法律が関係してきます。また購入しようと思っている地域がどのような用途地域なのかという事も重要です。低層住宅専用地域・住居地域・工業専用地域等、定められている用途地域によってはそこで行えない制限等もあります。

例えば近隣商業地域という場所では料理店を出す事が出来ないといった制限がある為、近隣が商業地域なので近隣商業地域という用途地域の場所であれば改装して料理店に出来ると思って住宅購入したのに出来ないとは思わなかったとなっては大失敗です。

宅建士はこうした不動産に関係する権利関係の知識に加えて、用途地域等の法令上の制限や税に関する知識も豊富です。

さらには宅地建物取引業という法律は勿論の事、土地や建物に対する知識もある為、住宅購入の際には宅建士に相談する事で安心取引を行う事が可能となるので専門家に相談する事をお勧めします。