賃貸の下見をする時にはきちんとお部屋の中をチェックする事が大切です。


その際にはただ壁紙や床の綺麗さだけを見るのではなく、もっと細かい部分にまで目を向ける必要があります。



賃貸を利用する際にチェックしておきたいポイントは沢山ありますが、まずは音の響きをチェックしてみましょう。

音の響きというのは賃貸の住人の間でもトラブルになり易い部分ですので、しっかりと確認しておく事が大切です。

チェック方法としては隣の部屋から叩いてもらったり、携帯電話を鳴らして確認するのが良いのですが、人が住んでいる場合はそうはいきません。

音漏れが気になる場合にはできるだけコンクリート造りの賃貸を選ぶようにしたり、お部屋とお部屋の間に階段を挟んでいるような賃貸を選ぶようにしましょう。



賃貸の造りによって大分、音の響き方が変わってきますので造りにも拘る事が大切です。

カビのチェックも大切です。

押入れの中や水回りなどにカビがある場合は湿気がこもり易い造りになっている可能性があります。

下見の際には大抵綺麗になっていますが、実際に住み始めると状態が悪くなる可能性がありますのでチェックしておくようにしましょう。
室内の傷み具体を見ておく必要もあります。
賃貸の場合は細かな傷は仕方ありませんが、目立つような大きな傷みがある場合は入居する前に直してもらえるのか確認しておくようにしましょう。

エアコンのチェックも大切です。




古い賃貸の場合ですとエアコンが無い事があります。


また、エアコンが付いていても古いモデルの為、効きが悪い可能性もあります。



そういった場合に自分で付けたり、付け替えをしても良いのかという点を確認しておく事が大切です。

賃貸を利用する際には日当たりの確認も大切です。日当たりの確認をする為にも明るい内に下見をさせてもらう事が大切です。
日当たりが悪いと気分的にも暗くなってしまいますし、電気の使用量が多くなる原因にもなってしまいますのでよく確認しておきましょう。

快適な時間を賃貸で送る為には良い賃貸を探し当てる必要があります。その為には賃貸の内覧をしっかりと行う事が重要です。

内覧を適当に済ませてしまうと住み始めてから自分に合わないと感じてしまう可能性がありますのでしっかりと内覧を行うようにしましょう。

賃貸の内覧の際には様々なポイントをチェックする必要があります。
まずは音のチェックをしましょう。
音漏れというのは住人の間でトラブルになり易い部分ですので、きちんとチェックしておく事が大切です。特に音漏れがし易いのは木造や鉄骨造りの賃貸です。



ちょっとした音が響いてしまいますので、音を気にする場合には避けるようにしましょう。


また、音が気になる場合は隣室と隣あっていないお部屋を選ぶ事が大切です。


賃貸の造りによってはクローゼットなどを挟んでおり、音漏れがし難くなっています。

実際に音の確認をする場合は叩いてみたりする事も大切ですが、なかなかそうはいきません。

もし、隣のお部屋が空いている場合は携帯電話を鳴らしてもらうなどして判断すると良いでしょう。
それができない場合は物件の造りなどに重点を置く必要があります。日当たりの確認をしておく事も大切です。


その為には日が差している時間帯に内覧を行う必要があります。

暗くなってからですと正確な日当たりが分からなくなってしまいますので注意しましょう。


日当たりが悪いとどういったデメリットがあるのかと言いますと、まず早い時間帯でお部屋の中が暗くなってしまいますので、電気の使用量が増えてしまいます。

また、日があまり入ってこないと洗濯物なども乾き辛くなります。

しかし、日当たりが良過ぎると夏になると非常にお部屋の中が暑くなってしまいます。
エアコンの使用料が増える原因になりますので適度な日が入ってくる賃貸を選ぶ事が大切です。


他にも仕切り扉などがきちんと閉まるかなどのチェックも大切です。

隙間風の原因になってしまいますので確認する事が大切です。


http://matome.naver.jp/odai/2138167603134087701
http://girlschannel.net/topics/366474/
http://tsite.jp/pc/r/al/clasmo.pl